稲垣潤一&広瀬香美「クリスマスキャロルの頃には」

稲垣潤一&広瀬香美「クリスマスキャロルの頃には」

『クリスマスキャロルの頃には』は、稲垣潤一が、広瀬香美とのデュエットにより、「稲垣潤一&広瀬香美」名義によりリリースした、48thシングル(広瀬香美にとっては26枚目のシングル)。2009年11月18日発売。稲垣自身が1992年にリリースしたナンバー、「クリスマスキャロルの頃には」をデュエットでカヴァー。本作のコンセプトは、「冬の女王」と「冬の帝王」のコラボレーション。

歌詞

クリスマスキャロルが流れる頃には
君と僕の答えもきっと出ているだろう
クリスマスキャロルが流れる頃には
誰を愛してるのか今は見えなくても

この手を少し伸ばせば
届いていたのに
1mm何か足りない
愛のすれ違い

お互いをわかりすぎていて
心がよそ見できないのさ

クリスマスキャロルが聞こえる頃まで
出逢う前に戻ってもっと自由でいよう
クリスマスキャロルが聞こえる頃まで
何が大切なのかひとり考えたい

誰かがそばにいるのは
暖かいけれど
背中を毛布代わりに
抱き合えないから

近すぎて見えない支えは
離れてみればわかるらしい

クリスマスキャロルが流れる頃には
君と僕の答えもきっと出ているだろう
クリスマスキャロルが流れる頃には
誰を愛してるのか今は見えなくても

クリスマスキャロルが流れる頃には
どういう君と僕に雪は降るのだろうか?
クリスマスキャロルが流れる頃には
どういう君と僕に雪は降るのだろうか?

公式PV動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。