ゆず「桜会(さくらえ)」

ゆず「桜会(さくらえ)」

『桜会(さくらえ)』は、ゆずの30枚目のシングル。2010年2月3日にPV集「録歌選 虹」と同時発売。美しい叙情的な風景が浮かぶ、切なさ溢れる楽曲。郷愁感漂うサウンドの中、大切な人と共に歩んでいくメッセージをまっすぐに綴った、ミディアムバラード曲。民族楽器をフィーチャーし、まるで無国籍楽団と旅をしながらゆずが歌い上げるような、心地よくも音楽センスに溢れる新たな一面を見せます。

歌詞

目を閉じれば今日も 僕にある幸せ
あなたと二人 結んだ日々が
誰かに話したら 笑われてしまいそうな
あの日の約束 憶えているかな

雪解けて色付く もう何度目の春だろう
巡る季節 今日も未来(あす)も
寄り添う花のように

さくら あなただけを愛してる
これからも これからも ずっと二人で
こころ 舞い上がった 好きですと
何度でも 何度でも 咲き続けるよ

耳を澄ませばほら 僕の名を呼ぶ声
離れていても 想い出すんだ
ポケットにしまった あなた宛の手紙
照れくさいから いつか渡すよ

憶えていてほしい 泪が頬をつたう日には
幸せへの 近道へと
僕が連れてゆくから

さくら 溢れてくる このキモチを
伝えたい 届けたい いつもあなたへ
言葉だけじゃ とても足りないけど
本当に 本当に 出逢えてありがとう

薄紅の花ひらり あなたの肩に落ちて
飾らない その微笑みを
守り続けてゆくと誓うよ

人を愛する意味を分からずに
遠回りしたけど やっと会えたね

さくら あなただけを愛してる
これからも これからも ずっと二人で
こころ 一人じゃない 永遠に
何度でも 何度でも 咲き続けるよ
いつまでも いつまでも あなたのそばに

関連するYouTube動画







ゆず「桜会(さくらえ)」」への1件のフィードバック

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。