スピッツ「つぐみ」

スピッツ「つぐみ」

『つぐみ』は、日本のロックバンド・スピッツの楽曲で、通算36作目のシングル。2010年6月23日にユニバーサルミュージックより発売。レーベルはユニバーサルJ。アレンジャー/プロデューサー/ベーシストで活躍の亀田誠治との共同によるプロデュース作。

歌詞

「愛してる」 それだけじゃ 足りないけど 言わなくちゃ
嬉しいとか 寂しいとか 君に生かされてる
だから 思い切り 手をのばす 手がふれる
海原を渡っていく 鳥のような心がここに在る

歩き出せない暗い夜に 前触れなくぶつかった
きっと運命とか 越えるほど ありえない 確率で
見つけ合えたよ

「愛してる」 それだけじゃ 足りないけど 言わなくちゃ
優しくて 憎らしくて それのために僕はここに在る

隠しきれない トゲトゲで お互いに傷つけて
そんな毎日も なぜだろう ふり返れば いとおしくて
ここにいたいよ

違う色重なって新しい光が
寒い星を照らしている

「愛してる」 この命 明日には 尽きるかも
言わなくちゃ 言わなくちゃ できるだけまじめに
さらに 思い切り 手をのばす 手がふれる
海原を渡っていく 鳥のような心がここに在る

公式PV動画







スピッツ「つぐみ」」への1件のフィードバック

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。