absorb feat.初音ミク「桜ノ雨」

absorb feat.初音ミク「桜ノ雨」

『桜ノ雨』は、2008年11月26日にリリースされたabsorbのメジャーデビューシングル。この楽曲がCD化される大きな要因となった初音ミクが歌ったバージョン(桜ノ雨 absorb feat.初音ミク -standard edit-)。2008年2月に動画投稿サイト「ニコニコ動画」へ投稿された本作が、8か月で100万再生を超え、反響の大きさからCD化された。また、本作のファンによって、「桜ノ雨」を全国の学校の卒業式で歌おうというプロジェクトが立ち上げられる。11月の時点ですでに80校ほどからオファーがあったという。

歌詞

それぞれの場所へ旅立っても友達だ聞くまでもないじゃん
十人十色に輝いた 日々が胸晴れと背中押す
土埃上げ競った校庭 窮屈で着くずした制服
机の上に書いた落書きどれもこれも僕らの証し

白紙の答辞には伝え切れない思い出の数だけ涙が滲む
幼くて傷付けもした 僕らは少し位大人に成れたのかな

教室の窓から桜ノ雨
ふわりてのひら心に寄せた
みんな集めて出来た花束を
空に放とう忘れないで
今はまだ… 小さな花弁だとしても
僕らは一人じゃない

下駄箱で見つけた恋の実廊下で零した不平不満
屋上で手繰り描いた未来図 どれもこれも僕らの証し
卒業証書には書いてないけど 人を信じ人を愛して学んだ
泣き 笑い 喜び 怒り
僕らみたいに青く青く晴れ渡る空

教室の窓から桜ノ虹
ゆめのひとひら胸奮わせた
出逢いの為の別れと信じて手を振り返そう
忘れないで
いつかまた…大きな花弁を咲かせ
僕らはここで逢おう

幾千の学舎の中で 僕らが巡り逢えた奇蹟
幾つ歳をとっても変わらないで
その優しい笑顔

教室の窓から桜の雨
ふわりてのひら心に寄せた
みんな集めて出来た花束を
空に放とう忘れないで
今はまだ…
小さな花弁だとしても 僕らは一人じゃない
いつかまた…
大きな花弁を咲かせ

僕らはここで逢おう

No matter how hard it hurts me.
I’ll never say good bye.
Your presence will always linger
in my heart.
…wanna see your smile again.

関連するYouTube動画







absorb feat.初音ミク「桜ノ雨」」への1件のフィードバック

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。