supercell feat.初音ミク「ライン」

supercell feat.初音ミク「ライン」

『ライン』は、2009年3月4日発売、supercellの1枚目のオリジナルアルバム「supercell」の収録曲。ボーカルは音声合成ソフト「初音ミク」を使用している。

歌詞

絶対にこのままじゃ終われないの
最後よ
時間を教えるチャイムが鳴る
机にうつ伏せた 鉛筆の匂いがする
キミとサヨナラしたくない

ふと顔をあげた

見慣れた教室の窓を開けて
胸いっぱい 深く息を吸って
一人で見上げた

飛行機雲が空をなぞる
いつか今見てる風景も
こんな風に消えていくのかな

必ず思い出せるように
今 ここで叫んだ

鳴り止む音 がらりとして
急に切なくなった
もう二度と今は戻らない
口をついた言葉
気が付いたら走っていた
伝えなくちゃ
膨らんで加速していく気持ち
長い廊下を抜けて

キミを探す 考えてる暇なんてない
笑いあって 時にけんかもした
校舎の屋上
抜けるような青 近い雲
心の中では言えた言葉
今日みたいな日が来ることを
わたしはどこかでわかっていた
今 キミに告げるの

キミの隣は特等席で
いつもあるものと思ってた

見渡しても 見つからない
こんなの嫌だよ
涙があふれた
もう一度会いたい

初めて話した日の事を
一緒に帰った日の事を
理由もなく泣きじゃくってた
あの日 肩を抱いててくれた

そう こんな風に
振り向いてキミの顔

好きです

関連するYouTube動画





関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。