CHEMISTRY「Point of No Return」

CHEMISTRY「Point of No Return」

『Point of No Return』は、CHEMISTRYの2枚目のシングル。2001年6月6日発売。松尾{KC}潔全面プロデュースによるR&Bテイスト濃いトラックに、卓越したヴォーカルが絶妙に絡む。デビュー曲には及ばなかったものの、ノンタイアップながらグループ2番目のシングルセールスになっている。

歌詞

夏草が流れてく イタズラに ちぎられ 捨てられて
朝を待つ 波に 身をまかせ 戻れない場所を思ってる

wooh…「向き合うことがこわいなら そっと隣にいてもいい?」
そんなキミの言葉に甘えすぎて 握った手をほどいていた

夏草が流れてく 蒼いまま 飛ばされ 吸い込まれ
朝焼けに朱く染められて 戻れない場所を思ってる

yeahh…「すれ違いも争いもいつかは美しい思い出さ」
ずっとあんなに笑い合ったのに それも痛みに変わっていく

何もかも思い出と カンタンに呼べたらいいけど
振り向けば 胸が疼きだし ボクはまた道に迷っている

きっと永遠なんて言葉は 勝手気ままに描きなぐった
未来を語るためにあるんじゃないね
通り過ぎてしまった過去たち
もう戻れない瞬間に ひそかに感じてたもの

幼くてイラついた あの頃の自分を責めても
戻れない わかっているのに まだキミを思い浮かべて

夏草が流れてく じゃれ合っているように絡んで
気がつけば 遠く 引き裂かれ 終わらない旅をつづける

戻れない場所を思ってる

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。