藤堂平助(吉野裕行)「遼天の翳り」

藤堂平助(吉野裕行)「遼天の翳り」

『遼天の翳り』は、テレビアニメ「薄桜鬼」のキャラクターCDシリーズ第5弾[アニメ「薄桜鬼」キャラクターCD 幕末花風抄 藤堂平助]の収録曲で、“元気印の最年少幹部”藤堂平助(CV:吉野裕行)のキャラクターソング(語り)。2010年6月23日発売。

歌詞

オレ、昨夜(ゆうべ)、夢を見た。
険しい山を必死に登って行くのに
曲がりくねったその道は
頂上はおろか、どこにも辿りつけねぇんだ。

そんで、刀を持って敵を追ってるはずなのに
いつの間にか、誰が敵で、誰が味方か
見分けがつかなくなって、
気がつけば、昏(くら)い空を見てた。

・・・そうか オレ、迷ってる。
オレは、新選組が好きだ。
仲間を信頼してるし、尊敬もしてる。
だけどふと、この国のことを考えると
遠い空に雲がかかって見えて
このままでいいのかと、揺れちまうんだ。
オレはこの先、一体、どうすりゃいいんだ・・・

それでも、仲間の顔を見ると
オレは、ここにいていいんだって思う。
オレの居る場所はここしかねぇって
なんであんな夢見たのかって、思うよ。

みんな、すげぇ強くて信念があって
強い絆のある、かけがえのない仲間なんだ。
それに今は、おまえもいてさ。
迷うなんて、おかしいよな。

だけど・・・また悩んでる。
これでほんとにいいのか。間違いはねぇのか。
ほら、空は、今にも雨が降りそうだ。
オレの心にあったのは、なんの曇りもない青空で、
その先が見えなくたって、前に進むことに
なんの躊躇(ためら)いもなかったのに
今オレは、別の行き場所を、見ちまってるんだ・・・。

ホントは・・・オレは
死ぬまでここで空を見ていたい。
思い出も、誇りも、大切なんだ。
だけど今、頭ん中の、違うオレが叫ぶんだ。
空はもう晴れてねぇのに、このままで行くのか?って。
おい、空よ、なんでそんなに翳(かげ)ってくんだよ。
なんであの日みたいに、晴れてくれねぇんだ!

今だって…心じゃ
オレは新選組が好きだ。
誰よりも真っ先に、敵に飛び込んでく自信だってある。
だけどやっぱり、この国のことを考えると
未来って奴を考えると、違うオレが大きくなってく。
別の方角に向かうオレが。
おい、空よ。オレは、間違ってねぇのか。
たとえ間違ってたって、オレはもう行くしかねぇんだ!

関連するYouTube動画





関連する記事



藤堂平助(吉野裕行)「遼天の翳り」」への5件のフィードバック

  1. えびまよ

    削除されてしまっています。
    新しいリンクをお願いします。
    >>現在どこの動画共有サイトにも動画が見つかりませんでした。
    見つかり次第、追加します。

    返信
  2. 舞歌

    へーすけー(T-T) すごく泣けます…    平助は間違ってないと思います…

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。