ケツメイシ「冬物語」

ケツメイシ「冬物語」

『冬物語』は、ケツメイシのメジャー16枚目のシングル。2007年11月21日発売。「男女6人夏物語」以来のノンタイアップシングルである。ノンタイアップにもかかわらず、初動売上は「旅人」以来の高水準となっている。27日までにCDを購入した人のみに翌年のライブチケットの先行予約ができるようになっていた。

歌詞

終わらない 冬の空から雪が舞い降る
終わったはずの 冬の恋が重なる
変わらない街に 白い粉雪舞い降る
変わったのは 君がいなくなった事だけなのに

思い出す 君の囁き
思い出す 雪の輝きに
思い出す 君の温もり
思い出す 冬物語

寒い夜 星が良く見える
なのに君の温もり 遠く消える
こんな日だから 君がいたなら
終わったはずの恋を今更
思い出すはず 戻りたくなる
その度に 心痛くなる
雪と重なって 絡まって
語らっていた思い出が まだあって
昨日のようで 遠い記憶
望む夜 吐く息は白く
人の気も知らず 舞い散る粉雪
出来ない 君との思い出 粗末に
思い出す あの君の囁き
ここにある なお君の輝き
この頃辺り 君の事ばかり
思い出す あの頃 冬物語

思い出す 君の囁き
思い出す 雪の輝きに
思い出す 君の温もり
思い出す

見上げた空は また重く白く
見慣れた街 冬支度を急ぐ
静かに灯り出す 街灯り
思い出す寂しさ あの日のままに
いつかは忘れていくの?
その記憶はかすれていくの?
いや 未だ消せない 無くせない
君の手のぬくもリ 今も忘れない
あの時 素直に言えば良かった
気持ち伝えきれずに 終わった
まだ捨てられない このマフラー
胸を刺す想い残す 僅か
舞降る雪 儚く 続く
心のため息 切なく 疼く
溶けてしまえば この雪のように
いつかは 痛みが無くなるのに

雪で飾られた 君との恋が
手の平の上で 少し溶け出す
そこにいるはず無い 君の姿
さがす僕は 今 過去に逃げる
雪の中に 君を重ねる

終わらない 冬の空から雪が舞い降る
終わったはずの 冬の恋が重なる
変わらない街に 白い粉雪舞い降る
変わったのは 君がいなくなった事だけなのに
思い出す 君の囁き
思い出す 雪の輝きに
思い出す 君の温もり
思い出す 冬物語

粉雪の舞う
雪の音が鳴る
遠い空 思い出が消えていく

粉雪の舞う
雪の華咲く
君をおいて 季節はまた廻る

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。