すこっぷ feat.初音ミク「ローリーズルーム」

『ローリーズルーム』は、ヴォーカルに音声合成ソフト「初音ミク」を使用した、「すこっぷ」の制作楽曲。花の匂いに誘われた、儚い少女の物語。PVは、まつとり氏が担当。 曲名は洋服のブランド「ローリーズファーム」から由来している(作者のあとがきより)。KarenTレーベルよりダウンロード販売中。

歌詞

あたしローリー
形通り生きるのは好きじゃないの
花のように
ただひとり生きるのよ

愛おしいこの部屋で

赤い目したバラの花が
優しく見つめて
胸の痛み
孤独さえも消していくの

甘い蜜ほど毒があるの
分かってるけれど
移ろうまま堕ちてくのも悪くないわ

明り灯せば窓に煌めく
色とりどりのあたしの部屋が
なぜだか
モノクロに霞んでく

泣いているのは誰の目?
震えてるのは誰の手?
本当のあたしはどこにいるの?
教えてアシスタシア

青く匂う勿忘草(わすれなぐさ)
意地悪な嘘で
あなたの声
温もりさえ忘れていくの

幸せの種 水を蒔いても
芽吹き色付き花咲き輝くけど
やがては枯れていくの

月明かりの下でさえ
覚束(おぼつか)ないこの部屋で
壊れたあたしの心にはもう
その声届かないよ

あたしローリー
花のように ひとりなの

ほんとうは
寂しいよ

花の世界 惑わされ
堕ちていくのもいいけど
飾られた幸せよりあたしは
小さな愛が欲しいよ

愛しきこの部屋 鍵外して
いつかはあたしも咲き誇れるように

関連するYouTube動画







すこっぷ feat.初音ミク「ローリーズルーム」」への1件のフィードバック

  1. 左上 らりる

    ひとりの孤独さとかがきれいに表現されてい てとてもしみじみできました!         PVもミクがとてもかわいかったです!!

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。