氷川きよし「浪曲一代」

氷川きよし「浪曲一代」

『浪曲一代』は、氷川きよしの18枚目のシングル。2009年2月4日発売。「初恋列車」以来約4年ぶり通算2作目の首位獲得となった。作詞:松井由利夫、作曲:水森英夫、編曲:伊戸のりお。なお、この曲が松井由利夫が氷川きよしに作詞した最後の曲である。

歌詞

那智の黒石 心を込めて
磨けば深みも 艶も出る
天晴一代 浮世の坂を
兄と弟 力を合わせ
芸の真髄(まこと)を 掴むまで
見てはならない 故郷(くに)の空

地所(ところ)変われば水変わる
身体こわすな風邪ひくな
そっと背を押し肩たたき
渡してくれた包みの中にゃ
母の握った 塩むすび…

上っ面では 判ったつもり
つもりじゃ通らぬ 芸の道
天晴一代 二つの命
風と語らい 寒さをしのぎ
節を彩る 琴の音に
逢えたあの夜は 男泣き

母の言葉が 今更沁みる
苦労はいつかは 根を下ろす
天晴一代 絆はひとつ
兄が合の手 弟が語る
義理と人情の 合わせ技
夢の花道 晴舞台

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。