すぎもとまさと「吾亦紅」

すぎもとまさと「吾亦紅」

『吾亦紅』は、作曲家である杉本真人が歌手・すぎもとまさととして発表した楽曲。2007年2月21日発売。杉本が自分の母を亡くした時、友人であるちあき哲也により彼女に捧げた詩を元に、曲を付けて歌った楽曲。この曲で2007年の「NHK紅白歌合戦」に初出場した。58歳での初出場は、初出場歌手としては大泉逸郎と並ぶ最年長タイ記録(当時)になる。これをきっかけに、すぎもとの歌手・作曲家としての認知を広げた曲。

歌詞

マッチを擦れば おろしが吹いて
線香がやけに つき難(にく)い
さらさら揺れる 吾亦紅
ふと あなたの 吐息のようで…
盆の休みに 帰れなかった
俺の杜撰(ずさん)さ 嘆いているか
あなたに あなたに 謝りたくて
仕事に名を借りた ご無沙汰
あなたに あなたに 謝りたくて
山裾の秋 ひとり逢いに来た
ただ あなたに 謝りたくて

小さな町に 嫁いで生きて
ここしか知らない 人だった…
それでも母を 生き切った
俺、あなたが 羨ましいよ…
今はいとこが 住んでる家に
昔みたいに 灯りがともる
あなたは あなたは 家族も遠く
気強く寂しさを 堪えた
あなたの あなたの 見せない疵(きず)が
身に沁みて行く やっと手が届く
ばか野郎と なじってくれよ

親のことなど 気遣う暇に
後で恥じない 自分を生きろ
あなたの あなたの 形見の言葉
守れた試しさえ ないけど
あなたに あなたに 威張ってみたい
来月で俺 離婚するんだよ
そう、はじめて 自分を生きる

あなたに あなたに 見ていて欲しい
髪に白髪が 混じり始めても
俺、死ぬまで あなたの子供…

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。