秋川雅史「千の風になって」

秋川雅史「千の風になって」

『千の風になって』は、秋川雅史の1作目のシングル。2006年5月24日発売。「私のお墓の前で泣かないで下さい」・・・大切な人への想いを歌ったこの曲は、作者不詳の「A THOUSAND WINDS」という英詩を作家の新井満氏が日本語に訳し、曲をつけて発表したもの。様々なアーティストがバトンを繋ぐように歌っていますが、現在テノール歌手の秋川雅史が歌い、多くの人の共感を呼んでいます。

歌詞

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

千の風に
千の風になって
あの 大きな空を
吹きわたっています

あの 大きな空を
吹きわたっています

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。