氷川きよし「哀愁の湖」

氷川きよし「哀愁の湖」

『哀愁の湖』は、氷川きよしの14枚目のシングル。2008年10月1日発売。発売元はコロムビアミュージックエンタテインメント。デビュー10周年に向けて、感涙の意欲作。

歌詞

白樺の 林抜(ぬ)ければ
女神像 眠る湖
星になったあの女(ひと)と 来るはずだった
岸辺にひとり 今はたたずむ
忘れない… 忘れない…
二度と二度と二度と逢えない 遠いひとだけど

風渡る 白い教会
鐘の音(ね)が 空に響くよ
倖せな歳月(としつき)は 終わったけれど
別れの言葉 今は言えない
清らかに… 清らかに…
こころこころこころ燃やした 恋のまぼろしよ

愛してる… 愛してる…
二度と二度と二度と逢えない 遠いひとだけど
愛してる… 愛してる…
二度と二度と二度と逢えない 遠いひとだけど

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。