Aqua Timez「真夜中のオーケストラ」

Aqua Timez「真夜中のオーケストラ」

『真夜中のオーケストラ』は、Aqua Timezの13作目のシングル。2011年1月26日発売。テレビ東京系アニメ「NARUTO -ナルト- 疾風伝」エンディングテーマ。アニメの世界観とVo.太志の言葉の力、バンドサウンドが高次元でコラボレーションした、ストリングスが胸に響く疾走感溢れる壮大なロックチューン。

歌詞

真夜中の詩が叫んだ「僕ほんとうは あの日からずっと…」

赤く透き通る夕暮れの後 星達は空に座り それぞれの音を奏でていた
素直になれと言われなくても
涙はもう 僕の想いを連れて足元で小さな海になった

空は動かない 陽が昇り降りるだけ
地面は動かない 君が歩くか 歩かないかだけだ

真夜中の詩が叫んだ「僕ほんとうは 独りが嫌いだ 大嫌いだ」
大切を知ってしまった あの日からずっと
幸せなんて 小さなスプーンで掬えるくらいで 充分なんだ
分け合える人がいるか いないかだけだ

強がる度にひびが入る 心はそう まるでガラス細工が見せる 儚い夢
純粋をぶつけあうのが怖いから 僕らはみな
すれたふりをして不透明な世界に住みついた

重たい自由を引きずって 歩いてた
別れがくる度 空が遠ざかってくように見えた

さよならの雨が呟いた「借りたままの傘があるんだ ここにあるんだ」
借りたままの優しさが この胸にずっと
僕にはまだ あきらめていない再会がある 約束がある
星屑をベッドにして 眠っているあの人に

季節のない街に しゃがみこむ男の子
頭を撫でてくれる人が いなかっただけ それだけなのに

星と見つめあう 寒がりな子供達

真夜中の詩が叫んだ「僕ほんとうは 独りが嫌いだ 大嫌いだ」
独りぼっちで 生きてゆけてしまうなんてこと
幸せなんて 小さなスプーンで掬えるくらいで 充分なんだ
分け合える人がいるか いないかだけ
真夜中の詩は叫ぶよ「僕ほんとうは 僕ほんとうは 淋しかった」
太陽の眩しさに かき消されても
さぁ 旗を振ろうか 肩を組もうか ただ歌おうか どれでもいいよ
分け合える君がいるか いないかだけだよ

関連するYouTube動画






関連する記事



Aqua Timez「真夜中のオーケストラ」」への9件のフィードバック

  1. 雲散霧消

    おおぉ~~~~!!!
    出たか!新ED!!!!
    アクアタイムズの曲なんて
    めっちゃ豪華じゃね!?
    ナルトTシャツ買ったら
    付いてきたからビックリ!
    何枚もあるぜ(笑)

    返信
  2. カカシ

    超好きかも
    アクアタイムズってイイ曲だしすぎ!
    UT買ったよ
    あのDVDいいな

    返信
  3. じゅん

    アクアタイムズとかマジいい
    声もいいしぃナルトにぴったりだ
    Tシャツ欲しいな
    歌詞はまだかな??

    返信
  4. ぽん

    最後に出てくるサクラが書いた絵ってナルト!?
    幸せは小さいスプーンですくえるぐらいかぁ~
    しんみりくる^^

    返信
  5. ゆぅ

    もう相変わらずアクア最高っ///
    太志声カッコよすぎやし
    歌詞もいいし!!!
    感動やわぁ~っ
    作曲も間奏のとこまで全部好き
    LIVE行きたいなぁ=
    ナルトのEDもヤバいっ
    曲にあっててめちゃ泣けるし好き

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。