音速ライン「逢瀬川」

音速ライン「逢瀬川」

『逢瀬川』は、音速ラインのメジャー3rdシングル。2005年10月12日発売。リリカルな歌声と轟音ギターが紡ぎあげる、切なくも淡い恋物語、青春の日々・・・ソングライター藤井敬之(VO&G)の故郷であり、今なお在住している福島県郡山に実在する川を歌いこんだ、初秋にふさわしいノスタルジックなナンバー。

歌詞

アスファルト 濡らす雨音(あめおと)
途切れない 人波に消える
川の流れは 僕らを揺らして
岸辺に咲いた 君の音を探す

あの日のままの 君の記憶を
僕は今でも 追いかけたまま
さみしいけれど なつかしい空
僕の心の中まで
君が咲かせた花を……

僕らが描く 未来の果てに
川の流れは 答えを映し
何故か優しく なつかしいのは
きっと君のせいじゃない

いつかの君と 話したコトバ
川の流れは 僕らを映し
永遠に流れる 水面に消えた
僕と君が生まれた日
心は そう 繋がって

いつか僕らは 離れ離れ
君とはぐれて 離れ離れ

君とはぐれて 季節を重ねて
ピントはずれの 心で描いた……

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。