AKB48「桜の木になろう」

AKB48「桜の木になろう」

『桜の木になろう』は、AKB48の20作目のシングル。2011年2月16日発売。選抜メンバーは、チームA:小嶋陽菜、指原莉乃、篠田麻里子、高城亜樹、高橋みなみ、前田敦子、チームK:板野友美、大島優子、峯岸みなみ、宮澤佐江、チームB:河西智美、柏木由紀、北原里英、渡辺麻友、SKE48 チームS:松井珠理奈、松井玲奈。

歌詞

春色の空の下を
君は一人で歩き始めるんだ
いつか見た夢のように
描いて来た長い道

制服と過ぎた日々を
今日の思い出にしまい込んで
新しく生まれ変わる
その背中を見守ってる

不安そうに振り向く
君が無理に微笑んだ時
頬に落ちた涙は
大人になるための
ピリオド

永遠の桜の木になろう
そう僕はここから動かないよ
もし君が心の道に迷っても
愛の場所がわかるように立っている

教室の日向の中
クラスメイトと語った未来は
今 君が歩き出した
その一歩目の先にある

満開の季節だけを
君は懐かしんでいてはいけない
木枯らしに震えていた
冬を越えて花が咲く

誰もいない校庭
時に一人 帰っておいで
卒業したあの日の
輝いている君に
会えるよ

永遠の桜の木になろう
スタートの目印になるように
花びらのすべてが散っていても
枝が両手広げながら待っている

誰もみな 胸に押し花のような
決心をどこかに忘れている
思い出して
桜が咲く季節に
僕のことを…
一本の木を…

永遠の桜の木になろう
そう僕はここから動かないよ
もし君が心の道に迷っても
愛の場所がわかるように立っている

関連するYouTube動画







AKB48「桜の木になろう」」への4件のフィードバック

  1. あっちゃん推し

    この曲を聴き終わると、ふと転校した友達のことを思い出しました。
    僕達はなんとなく普通の日常を過ごしていますが、その中で出会いや別れいろいろな事を経験しています。その友達とはいい別れをすることが出来ませんでした。ですがこの曲を聴いて出会いや別れを大切にしていきたいと思いました。
    これからも心に残るいい曲を作って下さい。秋元康さんをはじめAKB48の皆さん、これからも頑張ってください。

    返信
  2. この曲には、いろいろな思い出がありました。出会いと別れの経験もたくさんあったし、今まで支えあった人達の思いは、一生大切にしています。
    毎年卒業式の日は、雪が降ってばっかりなので、今年こそは、晴れるように祈りたいです。
    僕もAKB48のファンで、テレビや音楽などみています。今度、生で見てみたいな~と思っています。
    これからもガンバッテください。
    応援しています。

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。