遊助「イナヅマ侍」

遊助「イナヅマ侍」

『イナヅマ侍』は、遊助の9枚目のシングル。2011年11月9日発売。先が見えないこんな時代だからこそ「魂」の重要性を説き、“日本人の心”について綴った1曲。

歌詞

天上天下 唯我独尊 行くぞ 日本の直刀
百戦錬磨 月夜の晩に 光る水面 まるで陽炎
風上風下 迷わず進む 東海道 I keep on the road
無限の自然は 依然と毅然と 未前に防げんが
空前の灯火だろうと Left or Right Dead or Alive
問題ないから That’s all right
落雷すら描けない 太刀筋 切れ味何千倍
枝垂れ柳 揺られ Live as if you’ll die today
流離いの侍の兄弟どうだい? これからShowtime!!

情けねぇ面させねぇ 暗闇に火を掲げて
くだらねぇ事言わせねぇ 心の底から叫べ
今こそ 侍魂  鞘に刻まれた証
稲妻よ 切り開け 月の雫 背に浴びて
Just stand up!

伝家の宝刀は黒刀 電光石火から万象
闇夜に蔓延る悪党 切り裂き歩くの担当
短刀なら捨てろ No fear No tears No doubt
賛同すんならほらBounce Bounce Put your hands up Yo!
弱きを助け 全身全霊 第六感 Just began
日本男児 大和魂 なでしこの血 受け継がれしこの地
春夏秋冬 問答無用 雪にかすみ涙の柊
叫べ狼 歌え今夜も オラ 何もかも Come on!

情けねぇ面させねぇ 暗闇に火を掲げて
くだらねぇ事言わせねぇ 心の底から叫べ
今こそ 侍魂  鞘に刻まれた証
稲妻よ 切り開け 月の雫 背に浴びて
Just stand up!

目に見えぬ果てない旅路
恐れては不安を抱く
どこまでも果てない先に
不満は期待と化し夢持つ
花咲かせなければと思ってた
ほら空の暗闇は月を磨く

情けねぇ面させねぇ 暗闇に火を掲げて
くだらねぇ事言わせねぇ 心の底から叫べ
今こそ 侍魂 鞘に刻まれた証
稲妻よ 切り開け 月の雫 背に浴びて
Just stand up!

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。