TiA「流星」

TiA「流星」

『流星』は、TiAの2枚目のシングル。2004年8月4日発売。テレビ東京系アニメ「NARUTO -ナルト-」エンディングテーマ。楽曲が進むにつれ感情が希望へ向かい高らかに舞い上がってゆく、力強くも開放性にあふれたソウル・ポップ作。洗練されたムードと親しみやすいセンスが巧みに混在中。

歌詞

立ち止まった肩に
明日へ向かう風を感じてた
街の灯り星屑みたいに
二人包むけど

「それぞれに違う輝きがある」と
笑う君が 一番眩しく見えるよ

君は流星のように 孤独なツバメのように
夜の闇を切り裂き行けるはず
時計じかけの日々に 流されそうな時は
忘れないで 一人じゃないこと

「自分らしさ」なんて
考えても意味なんてないね
どんな時も君は君だから
ありのままでいて

ポケットの中をカラッポにしても
大事なものは 左の胸に残ってる

夢は流星のように 雨上がりの虹のように
この心に光を連れて来る
迷い続けることが ひとつの答えになるよ
ごまかしたりしないと誓おう

「何が間違っているのだろう?
何が間違っていないのだろう?」
そんな時は空に手を伸ばし
もっと高く両手を広げて
もっともっと高く
きっとそう掴める無限な君の未来

時は流星のように 長く光る尾をひき
瞬く間に駆け抜けて行くから
二度と戻らない今日を 今と向き合う強さを
あきらめたりしないと誓おう

関連するYouTube動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。