絢香「空と君のあいだに」

絢香「空と君のあいだに」
『空と君のあいだに』は、2013年9月4日発売、絢香のカバーアルバム「遊音倶楽部~1st grade~」の収録曲。「音」で「遊ぶ」「楽しむ」をコンセプトに選曲・制作され、至極の歌声の詰まった1枚。絢香だからこそ成立するカヴァーや、ライブなどでも披露してきたファン垂涎の名曲のカヴァーなど、本人による選曲で、絢香ファンは勿論、原曲ファンにも愛されるような幅広い作品。自分のルーツとなっている曲、刺激を受けた曲、大好きで小さい頃から歌ってきた曲など、本人にゆかりのある曲をセレクト。

歌詞

君が涙のときには 僕はポプラの枝になる
孤独な人につけこむようなことは言えなくて
君を泣かせたあいつの正体を僕は知ってた
ひきとめた僕を君は振りはらった遠い夜

ここにいるよ 愛はまだ
ここにいるよ いつまでも

空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる
空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる

君の心がわかる、とたやすく誓える男に
なぜ女はついてゆくのだろう そして泣くのだろう
君がすさんだ瞳で強がるのがとても痛い
憎むことでいつまでもあいつに縛られないで

ここにいるよ 愛はまだ
ここにいるよ うつむかないで

空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる
空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる

空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる

関連するYouTube動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。