スガシカオ「真夏の夜のユメ」

スガシカオ「真夏の夜のユメ」

『真夏の夜のユメ』は、スガシカオのメジャー20枚目のシングル。2006年6月21日発売。ワーナー・ブラザース映画配給映画「デスノート」挿入歌。

歌詞

ぼくは孤独でウソつき
いつもユメばかり見てる
君は気づいてないふり
だけど それでも抱きしめるんだ

まるで吸血鬼みたいに 君のやさしさを
吸い尽くしてしまう気がするんだ

ひとつ 終わらない悲しみが ぼくらを包み込んだら
抱き合って 朝を待とう
いつか なおらない傷跡も ぼくら許せるのかな
あの頃と かわらない笑顔で…

真夜中 ぼくは夢をみて
ひどくうなされて目をさました
真夏の夜の暗い夢
窓の外に果てしないヤミ

鏡の中にうつった 憎しみと嫉妬
愛と欲望と ぬくもりと

そして ゆっくり目をとじたら 君がまぶたに浮かんで
振り向いて 消えてしまうよ
もし 約束のあの場所に たどり着けないとしても
君の手を ぼくは はなさないだろう…

君がやさしく笑った 遠い世界の出来事みたいに
ぼくは孤独でウソつき いつもユメばかり見てる

公式PV動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。