ロシア(高戸靖広)「白い炎」

ロシア(高戸靖広)「白い炎」

『白い炎』は、2013年9月25日発売、「ヘタリア キャラクターCD II Vol.7 ロシア」に収録されている、ロシア(CV:高戸靖広)のキャラクターソング。

歌詞

その産声は誰も知らない  深い森の中で
怒りにも似た雷鳴のように ただ純粋に
始まるсудьба

風は問うだろう何処へ向かうと 皮肉な響きで
若さがまだ未知を選べる 健やかな日々
何かを求め その行為に溺れるほどに
目覚める自我は 穏やかさとは切り離されてゆく
солнце,солнце 祈りを

белое пламя 短い夏にさえ 近づく足音
одиночество ざわめく木々に何故 理由を探せずに

「まだ僕が何も持っていなかった頃 まだ僕が何も成していなかった頃
純粋な欲望は夢と呼ぶに相応しく
無邪気で幼稚な朗らかさを 確かにあの頃僕は知っていた

…知っていた?

時に思い出して赤面するような 大声を出して打ち消そうとしては
それでも尚ほろ苦く甘やかに広がる後悔
それは完全に失ってしまいきれない不思議な輝きを保っている
憎しみに近い嫌悪を感じながら
どこかその滑稽さに救いを探しているのだ
愚かさはいつまでたってもつきまとい
未熟であることの証明に 今日も罠を仕掛けてくる
ただただ全てを若さのせいにしてしまえたなら
この心も幾分平穏を取り戻せるのだろうか
己の辿った道を肯定できるほどの成熟が
いつかこの身にも訪れるのだろうか
今はまだ、何もわからない…」

どんな事象(こと)にも終わりがあると 当たり前のように
灰色の空 沈む景色に 背を向けられて
求め疲れた 明日を責めるわけなどないさ
時は移ろい 実りもやがてこの手から零れる
солнце,солнце 祈りを

белое пламя 凍てつく雪原は 全てを飲み込む
одиночество 閉じてゆく白銀 心をかさねて

「生命が眠りにつく季節 長い長い孤独を僕らは耐え抜く
雪の下で凍える存在に耳を澄ましながら
どこかに在るはずの気配を想像する
それは長年の間に身に付いた無為をやり過ごす方法なのか
特に意味のない独り遊びなのか 別にたいした問題ではない
僕らは突きつけられた運命を 長い時間をかけて受け取り
示し合わせたように途方に暮れた顔をするだけだ
正気を装い 嘆きを閉じ込め いつかそれが真実になってゆく
人生の深淵など興味を持たずとも 仄暗い絶望を胸に飼い
自分なりの答えを見つけてゆくしかないのだから

ああ… 寒い…

傾きかけた太陽 瞼に焼きつける
黄昏れには まだ少し早い気がしているよ」

永遠よりも遥かな日々が 闇に染まるまで
孤独な朝を指折り数え 吹き荒ぶ風となれ
破滅を怖れずに

любовь, мечта 溢れる光 追憶の森を抜け
旅立ちへの手向けに 希望の花を飾る
любовь, мечта 過ぎた幻 聞き慣れた慟哭と
握りしめた花弁は ささやかな抵抗か
солнце,солнце 祈りを

белое пламя 凍てつく雪原に 彷徨う哀しみ
одиночество 閉ざされた白銀 心を潜めて
судьба 美しく 静かな聖域
судьба 何もかも
覆い尽くす白い炎

関連するYouTube動画






関連する記事



ロシア(高戸靖広)「白い炎」」への2件のフィードバック

  1. nora

    ロシア文学読みたくなった!!
    ろっさまかっこいい!!
    音楽の場面がだんだん変るしすてきでした!!
    このCD買おうと思います!!

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。