姫萩紅葉(茅野愛衣)「儚き季節に舞う蝶よ」

姫萩紅葉(茅野愛衣)「儚き季節に舞う蝶よ」

『儚き季節に舞う蝶よ』は、テレビアニメ「犬とハサミは使いよう」のキャラクターソングシリーズ第7弾シングル。2013年9月25日発売。歌唱は、神秘のベールに包まれた作家、姫萩紅葉(CV:茅野愛衣)が担当。

歌詞

儚くも散り逝くのは月も太陽も同じことね
何の意味も与えられない……すべて塵芥となるから

綴る文字は形を成しても
散らばったまま……泡沫(うたかた)に消える

想いの遷り、暦の巡り、命の流転
…………胡蝶の夢よ

それは何も生み出さないから
重ね方を変えても無意でしょう?

男女の契り、此岸(しがん)の祈り、独りと他人
…………すべて儚い季節に咲いた花

やがては土へと還りゆくだけなの
土も、そう…星も形を留められない

けれど、何故…筆を取って、私は書き続けるのでしょう
いま在るのは……言の葉が描きだした世界しかない
幻想も意識の内、現実と同じことなのに
誰にとまり羽を綴じるために…その蝶は舞ってるの?

それは何も生み出さないのに…
だけどそれは、心を揺さぶる?

喜び、怒り、哀しみ…騙り、無意味な夢さえも
…………飾り付けるため咲いた花

やがては土へと還るのに彩る
花は、そう…散っても記憶に留まったまま

それを、何故…筆を取って、私は書き続けるのでしょう
他人(ひと)の綴る…言の葉には何も感じられないのに
幻想と現世(うつしよ)との境目で呼んでくれてる人
その袂(たもと)で羽を開くために…この本は待ってるの?

誰かに響いたとき…………………………………………
谺(こだま)する言葉を待って…………………………………………
「だれかによまれる」詰り「だれかがよんでいる」
それこそが…『意味』なのでしょうか?

だからこそ…筆を取って、私は書き綴けるだけ
知らなかった、言の葉の向こうに意味はあるのでしょうか?
幻想の世界の外、儚い季節が続いても……………………
羽を開き「よんでくれる」人へ、その蝶は舞っていくの

よんでください…………………………………………

関連するYouTube動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。