Gackt「12月のLove song」

Gackt「12月のLove song」

『12月のLove song』は、Gacktの10枚目のシングル。2001年12月16日発売。山下達郎の「クリスマス・イブ」のように、毎年冬になると繰り返しリリースされるようになったGacktの定番ソング。

歌詞

いつの間にか 街の中に12月のあわただしさがあふれ
小さな手を振りながら 大切な人の名前を呼ぶ

恋人達の優しさに包まれて この街にも少し早い冬が訪れる

大切な人だから ずっと変わらないで わらっていて
大好きな人だから ずっと君だけを抱きしめて…

Show-windowを見つめながら 肩を寄せ合う二人が通りすぎる
君のことを待ちながら白い吐息に想いをのせる

見上げた空に粉雪が舞い降りて
いたずらに二人の距離をそっと近づける

静かな夜に耳元でささやいた
あの言葉をもう一度そっとつぶやいた

大切な人だから ずっと変わらないで わらっていて
大好きな人だから ずっと君だけを抱きしめて…

大切な人だから ずっと変わらないで わらっていて
大好きな人だから ずっと君だけを抱きしめて…

いつまでも抱きしめて いつまでも抱きしめて

君だけを抱きしめて

関連するYouTube動画

カテゴリー: GACKT | 投稿日: | 投稿者:






コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。