サークルゲーム Galileo Galilei

Galileo Galilei「サークルゲーム」

サークルゲーム

歌手 Galileo Galilei
制作者 作詞:尾崎雄貴 作曲:Galileo Galilei 編曲:Galileo Galilei・POP ETC
カテゴリ 劇場版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」主題歌
収録CD 2013年8月21日発売、7thシングル「サークルゲーム」

歌詞

忘れな草が咲く頃に 花びらの色 思い出す
静かな目をしたあの子と高く空に上っていく夢

飛行機雲を日向に描くロケットボーイズと
眺めて笑う突拍子のない慈愛を胸に抱くガールズ
時はぐるぐる そんな僕らもみんないなくなって
おざなりになるくらい目まぐるしい日々に切なくなる

「いつかまたここでね」
さよならの声がいつまでも響いて
背中を押すこともなく僕らを繋いだ

曖昧なことも単純なこともみんな色付いていく
言葉にならない このくすぶった気持ち抱きしめていたいよ
曖昧なことも単純なこともみんな同じだって
僕らの歌 この胸の真ん中で 花を咲かせている

駆け出した一人の午後
だあれもいない街をくぐり
廻る遊びからいちぬけて
君のことを思い出にしてしまう

サークルゲームを続けて
僕は祈って君は歌う
消えない幻を叶えよう
だから祈って僕は歌う

サークルゲームを続けよう
僕らは跳ねて重みを知る
変わる喜びや悲しみを
ここで祈って歌にしてみたりする

「やっとまた会えたね」
懐かしい君の声がする
気付けば僕らは宙に浮かびあがって
時に追いやられ

曖昧なことも単純なこともみんな花びらのよう
漂いながら空を廻っているだけ 振り返らないで
風に運ばれた忘れな草が みんな追い越していく
僕らの歌 ずっと先にあの色の花を咲かせている

公式PV動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。