氷川きよし「初恋列車」

氷川きよし「初恋列車」

『初恋列車』は、氷川きよしの8枚目のシングル。2005年2月9日発売。「きよしのドドンパ」からスタートした5周年プロジェクトも大成功、6年目となる今作では、演歌の王道とも言える作品を企画。新曲は往年の名曲を彷彿とさせる仕上がりとなっている。

歌詞

終着駅の 青森で
北行く船に 乗りかえりゃ
しぶきがくれの 海峡に
灯り見えます 函館の
何処にあの娘は いるのやら
夜行列車で 来たんだよ
霧がかくした 初恋を
想いだしたらヨー 逢いたくて

かもめが鳴いて 翔ぶ声が
淋しく沁みる みなと町
噂たずねて 苫小牧
ひとめ逢うまで 帰れよか
何処にあの娘は いるのやら
今日も岬に 陽が落ちる
泣いて別れた 初恋を
今じゃあの娘はヨー 忘れたか

漁火ゆれる 海沿いを
面影抱いて ゆくんだよ
釧路 室蘭 行く旅は
きっと明日も また続く
何処にあの娘は いるのやら
夜行列車が 仮の宿
胸にせつない 初恋が
北の果てまでヨー 呼ぶんだよ

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。