井上苑子「センチメンタルシックスティーン」

井上苑子「センチメンタルシックスティーン」

『センチメンタルシックスティーン』は、井上苑子の3枚目のシングル。2014年1月29日発売。サウンドプロデュースは前作に続きLAST ALLIANCE/MATSUMURA(Vo,B)とTRIBAL CHAIR/Keitaの作曲ユニット、「TIENOWA」が担当。soulkidsの柴山慧(Vo,G)による詩も健在。表題曲はハードでエレクトロな硬質でありながらして、少し切ないロックサウンドに、16歳の思春期の葛藤、そして決意を等身大の女の子が歌い上げた1曲。

歌詞

誰かの声をどこかで聞いた、いつかの僕の想像。例えば今日か、
はたまた明日。繰り返し積み重ねていく日々。

ねえ神様こたえてよ。

関係ないよと言い聞かせた、準備は万事オーケー。
手を振り乱し息切らしそうです、全身全霊です。
16回目の誕生日の朝に迎える太陽。眩しくても目をつぶりたくはないよ。
Looking for the rainbow、輝く未来を。
二度とない今日をもうI will never mind, do you know?

空の青さや風の匂いや、君の手のひらの形。
忘れそうでもなぜか思い出す、細胞レベルで覚えているから。

君はどこにいるのだろう?

反省なんか終わってからでしょ、ゲームはきっとオーバー。
もう寄り道も回り道もいいよ。そう一心不乱です。
16回目の誕生日の朝に迎える太陽。眩しくても目をつぶりたくはないよ。
Looking for the rainbow、輝く未来を。
二度とない今日をもうI will never mind, do you know?

雨のち晴れなら、やまない雨はない。24時間で明けない夜はない。
あぁ止まらないよ、この地球の果てまで。
春夏秋冬、ずっと駆け抜けていく。

諦めちゃえば?もう十分さ。少し黙ってろ!

関係ないよと言い聞かせた、準備は万事オーケー。
手を振り払い武者震いしたんです、全力疾走です。
16回目の誕生日の朝に迎えた太陽。眩しくても目をつぶったりしないよ。
Looking for the rainbow、輝く未来を。
二度とない今日をもうI will never mind, 絶対!

関連するYouTube動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。