中川翔子「9lives」

中川翔子「9lives」

『9lives』は、2014年4月2日発売、中川翔子の4thアルバムのタイトル及びその収録曲。タイトル「9lives」の由来は、「A cat has nine lives. 猫に九生あり」、猫には9つの命があり何度も生まれ変わるという迷信があることから、猫はしぶとく容易に死なないという意味。ミュージックビデオには9999匹の猫が登場している。

歌詞

27歳伝説があるという
ジャニス、エイミー、ジミヘン、カート、ブライアン
夢追い続けた 凄い奴らがいた
輝き 燃え尽きて 星になった

そうさ 伝説の彼らには勝てません
でも 私たち 伝説越えで

生きる、っていうことと格闘してる自分がここにいるんだぜ
夢見て 転んで 谷底見て
生き恥さらして生き抜いてやりたい
一生モノの一生なら
一度生きたくらいじゃ足りないだろう
美しいものや悲しみや この世は
私が知らないことだらけで溢れてるから

9回 猫は生きると言います
9つの命を持ってるらしい
もしかして 夢に破れたとしても
何度だって人も生き直せるはずさ

陰日向に咲け
明日の風よ 吹け
勝ち負けじゃない、なんて 綺麗過ぎ?

愛す、っていうことで漂流してる自分がここにいるけれど
夢見て 壊して また出会って
意味が分かるまでそれを探すでしょう
一生分の一生なら
一生かけて追いかけ続けようぜ
こんな強さや弱さや愛しさや
一番私が知らないのは“私”かもしれない

根っこを生やすのさ
土の中でシブトク 強く
見えているものは ほんの一部さ
笑顔 泣き顔

生きる、っていうことと格闘してる自分がここにいるんだぜ
夢見て 転んで 谷底見て
生き恥さらして生き抜いてやりたい
一生モノの一生なら
一度生きたくらいじゃ足りないだろう
美しいものや悲しみや この世は
私が知らないことだらけで溢れてるから

公式PV動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。