ZORN「2 Da future」

ZORN「2 Da future」

『2 Da future』は、2014年4月16日発売、ZORNのアルバム「サードチルドレン」の収録曲。般若、SHINGO★西成に続く、昭和レコード第3の男が、ZONE THE DARKNESS改めZORNとして本作で遂にデビュー。

歌詞

全てが真っ暗だった どうでもいい明日なんか
13 14 15の夜 籠の中から自由を望む
全てが窮屈だった 家さえ憂鬱だった
16 17 18の夜 空は夕立模様
全てが退屈だったよ でもあいつらがいて
怒り 悲しみ やり場無い刃
傷つく前に傷つけた 頭下げるリーマン
汚ねェ作業着 汗かく兄ちゃん
家賃未納で夢追うフリーター 未来は暗いぜ

周りの大人全て敵に見える
口だけ達者 人のせいにしてる
ここに居たくない けど宛もない
気づいたら 落ちこぼれにカテゴライズ
大事なのは 今 目の前
未来なら考えてみたけど暗い
覚えたての煙草吹かし 抜け出す学校
いつもの顔待つ放課後
コンビニ前 夜中の公園
少年少女の終わらない冒険
理由は無いけど自由な気がして
金など無くたって余裕でOK
覚えてるあの言葉
凍えてるあの子とか
何かを求めてペダルを漕いでた
夜 思い出は遠く

生きる意味なんて分からない 傘がない少年は雨ざらし
むしゃくしゃしたからやった 言葉になんて出来やしなかった
この傷は誰も知らない 訳も分からず涙が溢れた
教えてくれよ先生 ボクらの未来教科書何ページ目?

何が目に見える? そこの青年
永遠に思えたネバーランドも閉園
知りたくもないことも知る
見たくもないものも見る
経験 時間は止まらないと実感
僕を取り残して 過ぎて行った
夢じゃ飯は食えないらしいんだ
でも決してブレない羅針盤
就活とか 誰かの出産
不安の二文字 以外は 空白
まだ大人と子供の中間
それでもUターン出来ない 僕らの順番
ゆとりと揶揄されようが 勇敢に立ち向かう
To Da Future ググった偉人の名言
鵜呑みにする気は微塵もねェぜ
19 20 21
地球規模じゃ 微粒子 生きる道や
日々や 意味は 全て君の自由意思
クタクタで終電 いつの間にか
遊びより就寝を優先
愚痴や弱音が口から出るけど 踏ん張る
黄色い線の内側で 仲間と馬鹿笑い
でも あの子は夜中の繁華街

生きる意味なんて分からない 傘がない少年は雨ざらし
むしゃくしゃしたからやった 言葉になんて出来やしなかった
この傷は誰も知らない 訳も分からず涙が溢れた
教えてくれよ先生 ボクらの未来教科書何ページ目?

断りなく大人になる その場に立つ
今なら言える 目の前を見る
ここで生きる 十年後二十年後
この線路の延長線上 夢は叶ったかな
生きる意味はわかったかな
一話完結の長編ドラマ
ほらチャンネルはそのまま
早送りも巻き戻しも出来やしない
息もつかせぬ劇的な今
22 23 24
戦場みたいなこの街中に 答えを見つけた
ような気がした 真っ暗な空白に陽がさした
家族のために頭下げるのさ
子供のために汗を流すのさ
それこそパッとしない日常だ
それでも胸を張って生きようか
金と時間 等価交換
割に合わないがそんなもんだ
昨日のREPLAYのような今日が
あの放課後からの突破口だ
理想も希望もただの死語
でもそいつに期待しバカを見よう
忘れはしない 片時も

生きる意味なんて分からない 傘がない少年は雨ざらし
むしゃくしゃしたからやった 言葉になんて出来やしなかった
この傷は誰も知らない 訳も分からず涙が溢れた
教えてくれよ先生 ボクらの未来教科書何ページ目?

断りなく大人になる その場に立つ
今なら言える 目の前を見る
ここで生きる 雨上がり
明日も晴れないならいい 流れは絶え間無い
あの子はこの街に帰らない 何もかも変わった
良くも悪くも変わった 踏み出してみないか 大丈夫

公式PV動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。