SCANDAL「Departure」

SCANDAL「Departure」

『Departure』は、SCANDALの18枚目のシングル。2014年4月23日発売。シングルとしては初のメンバー作詞作曲、プロデューサーに亀田誠治を迎えたセツナメロ・ロック。出会いや別れが運ぶせつなさと、それでも立ち止まってはいられない想いを真っすぐに歌唱。胸をキュンとさせるメロディと力強いサウンドが絡み合う、ガールズ・ロックの世界観が色濃く押し出された作品。

歌詞

桜の季節が来たね
商店街のあの公園も
寒さに負けずにヒラヒラと
今年も満開を迎えてます

一緒に歩いた夜は
綺麗に明かりが灯ってたね
短い歩幅で着々と
私も一歩ずつ歩いてます

あれからどれくらい
月日が経ったのかなんてさ
忘れそうになるな
立ち止って見上げた サクラ

出会いもあれば別れもあるなんて
誰かが決めた季節に
またね と大きく手を振って
さよならじゃないこと確かめた
言葉にならない気持ちは
この花びらに乗せればいいんだよ
って君が教えてくれたこと
いまでもちゃんと覚えているから

桜の季節が過ぎると
商店街のあの公園も
役目を終えたように静かで
なんだか少し寂しくなります

いまでも変わらない?
知らないこともきっと増えたね
甘えたくないから
あの日に置いてきた二つの影

最初の涙も最後の笑顔も
見守ってくれた君を
瞬きするのも怖がって
何度も何度も焼き付けてた
言葉が足りない
そんなわがままを
叫んでは困らせた
君が想ってくれたこと
気づけなかったわけではないけど

あれからたくさんの
月日が私を変えたから
違って見えたのかな
綺麗に咲き誇った サクラ

出会いもあれば別れもあるなんて
誰かが決めた季節に
またね と大きく手を振って
さよなら じゃないこと確かめた
言葉にならない気持ちは
この花びらに乗せればいいんだよ
って君が教えてくれたこと
いまなら ちゃんとわかっているから
いまでも…

関連するYouTube動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。