キンモクセイ「二人のアカボシ」

キンモクセイ「二人のアカボシ」

『二人のアカボシ』は、キンモクセイの2枚目のシングル。2002年1月9日発売。バンド初、かつ唯一シングルでのオリコントップ10入りを果たした、バンド最大のヒットシングル。全国ラジオ局が選定するパワープレイを31局で獲得し、当時の最多パワープレイ獲得数を記録した。また、この楽曲のヒットにより同年の「第53回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たした。

歌詞

夜明けの街 今はこんなに
静かなのにまたこれから始まるんだね
眠る埋立地(うみべ)と 化学工場の
煙突に星が一つ二つ吸い込まれ
沢山並んだ 街の蛍達も
始まる今日に負けて見えなくなってゆく
君とも離れることになる

あの高速道路の橋を 駆け抜けて君つれたまま
二人ここから 遠くへと逃げ去ってしまおうか
消えそうに欠けてゆく月と 被さる雲はそのままに
二人のアカボシ 遠くへと連れ去ってしまおうか

橋の継ぎ目と 二人に届く
電波には懐かしいあのメロディーが
聞こえてるかい? みだれ髪に
しみるようミヤウジヤウ ハルカカナタへ
見渡せば青く続く信号機が
二人の想いを照らせばいいのにな
明日の僕らは何処にいる?

また今日も汚れてく街は 蝕む煙を吐き出す
君の知らない遠くへと連れ去ってしまおうか
瞬かない星が一つ 夜明けの街に消えてゆく
二人ここから 宛てのない明日を探そうか

僕の決意と伝えきれない想いが 街の音に消えないうちに
朝焼けの水蒸気が 隣の空を彩る
懐かしいメロディーは 風と共に終わる
君の髪の毛が震えてる

あの高速道路の橋を 駆け抜けて君つれたまま
二人ここから 遠くへと逃げ去ってしまおうか
さようなら街の灯りと 月夜と二人のアカボシ
最後の想いは 君が振り向く前に話そうか

夜明けの街…

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。