矢井田瞳「I’m here saying nothing」

矢井田瞳「I'm here saying nothing」

『I’m here saying nothing』は、矢井田瞳の3枚目のシングル。2001年1月24日発売。今作は、これまでのポップ・ロック路線を抜け出して哀愁漂うせつなソング。もちろんあの魅力的なヤイコ節は健在。

歌詞

こんなにもきれいな朝方の空に
消えそうな星がにじんでる
不調和な景色 街のはじまりに
誰かの呼ぶ声を待ってる

まわりから見たら 私もそんな風に
立ち止まってるように見えるんだろう
そっとしといてよ かまわないでよ

I’m here saying nothing
いつからか
I’m here saying nothing
心の海に浮かぶのは それはただ 貴方のことだけ

忘れることでしか報われないの
はじめての頃の瞳で見て
今は手を伸ばしても届かない
もう私に映らないんでしょう?

さあ今度は誰の胸で眠ろうって
言えるならどんなにか楽だろう
愛してみてよ 傷跡を残してよ

I’m here saying nothing
いつからかI’m here saying nothing
私の空に沈めるのは それはただ 貴方のことだけ

I’m here saying nothing
いつからか
I’m here saying nothing
心の海に浮かぶのは それはただ 貴方のことだけ

公式PV動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。