Flower「熱帯魚の涙」

Flower「熱帯魚の涙」

『熱帯魚の涙』は、Flowerの7枚目のシングル。2014年6月11日発売。Flowerならではの情感溢れる旋律と確固たる世界観に基づいた歌詞が見事に融合。夏という“季節感”がエッセンスとして見事に加味された必聴の自信作。

歌詞

夏が来るわ 夏が…

頬杖をついた窓に 吹いた微風(カゼ)は 少し暑くて
汗ばんでる 私の肌を ひらり撫でて張りついた
どうしてでしょうか? 思い出すわ
夏になるとあなたを

私 あなたの腕の中の
愛を知らない 熱帯魚だった
どんなに 激しく泳いだって
そこにあるのは 涙の海でした

夏が(来るわ) 夏が…

水槽の中漂う 魚たちは とても綺麗ね
羽根広げた 孔雀みたいに 輝いては乱反射
どうしてでしょうか? それなのにねえ
とても悲しそうだわ

私 なんにも知らなかった
愛してほしい そう願いながら
何処へ 行けば自由になれるの?
そんな想いで 泳ぎ続けていた

忘れたい 忘れられない 碧(アオ)い空のスクリーンには
あなたが映るのよ 初めて恋をして 泣いてばかりいた私

夏が 来るわ
もう戻りたくないけど
思い出すの
熱帯魚の涙を

私 あなたの腕の中の
愛を知らない 熱帯魚だった
どんなに 激しく泳いだって
そこにあるのは 涙の海でした

私 なんにも知らなかった
愛してほしい そう願いながら
何処へ 行けば自由になれるの?
そんな想いで 泳ぎ続けていた

夏が来るわ 夏が…

公式PV動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。