氷川きよし「番場の忠太郎」


Warning: rmdir(/home/kqmr3825/animationsong.com/php/tmp/tubepress-system-cache-a173f3da479afb92b3ee4c0333e1b7a5/api-calls): Directory not empty in /home/kqmr3825/animationsong.com/public_html/wp-content/plugins/tubepress_pro_4_1_9/vendor/ehough/stash/src/main/php/ehough/stash/Utilities.php on line 155
氷川きよし「番場の忠太郎」

『番場の忠太郎』は、氷川きよしの7枚目のシングル。2004年7月7日発売。「きよしのドドンパ」に続く5周年記念曲第2弾シングル。自身の原点である“股旅演歌”の曲調を歌い上げる。第46回日本レコード大賞金賞受賞。第55回NHK紅白歌合戦にて歌唱。

歌詞

筑波颪(つくばおろし)も 荒川土手を
跨ぎゃほぐれる 三度笠
顔も知らねえ 瞼の母に
もしも遭えたら 話しのつぎ穂
なんとつけよか なんとつけよか 忠太郎

おかみさん、どうしても倅とは、
忠太郎とは呼んじゃくれねえんでござんすね
母恋しさに流れ流れて幾年月
…あんまりじゃござんせんか!

渡世仁義の 切り口上は
恥の上塗り さらすだけ
せめてたよりは 親子の絆
どんなお人か ご無事でいてか
思うだけでも 思うだけでも 泣けてくる

こうして、両の瞼を合わせりゃ
優し笑顔がうかんでくらあ
もう二度とお目にゃかかりませんが
いつまでも達者でいておくんなせえよ
御免なすって
…おっ母さん

二束三文 草鞋の紐も
いちどこじれりゃ 捨てるだけ
花のこぼれ灯 水熊横丁
雪の引き幕 芝居ははねた
どこへ流れる どこへ流れる 忠太郎

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。