aiko「飛行機」

aiko「飛行機」

『飛行機』は、2001年6月20日発売、aikoの3rdアルバム「夏服」の収録曲。aikoが東京に出てきて間もない頃、マネージャーと撮影現場に行く際、道に迷った時に出来た曲。サビに出てくる雲は飛行機の事を表している。

歌詞

気付かない所なのこうゆうものって
「君は君らしくいて 忘れないで」
何がどうしたの?小さな灯は
音もなく声も上げず消えてった

あなたもあたしも少しずつ大人になって
同じ道を辿っていると一人思い込んでた

青い空真っ白な鶴が舞う
それはただ眩しくて心を刺す
おいてきぼりひたすら解らなくて
気が付くのがいつも遅いんだ
あたしがここにいる証はあなたにあったのに
行かないで

新しく刺さったトゲは抜けなくて
赤くって痛くって怖かった
「出来ない」で片ずけた毎日と
交換に大切なもの失くしてった

あたしの歩いた道には花が宿ってたのに
声も愛も注がず枯らしたのはあたし

目の前が見えなくなったならば
思い切って目を閉じればいい
周りに悟られない様に黙って
自分を信じてあげればいい
あなたはいつもあたしに笑って教えてくれたのに
行かないで

青い空真っ白な鶴が舞う
それはただ眩しくて心を刺す
おいてきぼりひたすら解らなくて
気が付くのがいつも遅いんだ
あたしがここにいる証はあなたにあったのに
行かないで

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。