宇迦之御魂之神(桑島法子)「誰よりも大切な人へ」

宇迦之御魂之神(桑島法子)「誰よりも大切な人へ」

『誰よりも大切な人へ』は、テレビアニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」(第九話)挿入歌として使用された楽曲。作詞・作曲・編曲:妹尾武、歌:宇迦之御魂之神(桑島法子)。2014年3月26日発売、「TVアニメーション いなり、こんこん、恋いろは。 オリジナルサウンドトラック」に収録されている。

歌詞

振り返れば 愛しい毎日
小さなこと くじけそうでうつむいてた
いつの日にか 羽ばたけるように
力強く生きる御魂(いのち) 与えた人達

長い間 探し続けてた
同じ夢や 同じ痛み 分け合う人
黄昏ゆく街の片隅で
輝きだすいちばん星 涙があふれる

ずいぶん今まで弱さを隠していたけど
迷って 傷つけ 大切な物ばかり失くしてきた
何もなくて孤独だった

そんなときに君が現れて
生きることの素晴らしさを教えてくれたね

降りそそぐ光 新しい朝が生まれる
宿命(さだめ)が導く明日を信じてるから
たとえ二度と会えなくても忘れないよ

いつの日にか 生まれ変わっても
空の彼方 風に乗って君と出逢いたい

かけがえのない 素敵な人に
巡り会えたこと 誇りに思うよ

君にありがとう

関連するYouTube動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。