ゲスの極み乙女。「ドレスを脱げ」

ゲスの極み乙女。「ドレスを脱げ」

『ドレスを脱げ』は、2013年3月6日発売、ゲスの極み乙女。の1stミニアルバム「ドレスの脱ぎ方」の収録曲。「ゲスの極み乙女。」は、2012年5月にindigo la Endのボーカルでもある川谷絵音を中心に結成した4人組ヒップホッププログレバンド。高い演奏技術を駆使した何が起こるかわからない曲展開に全てを飲み込んでしまう声。プログレ、ヒップホップを基調としながらも独自のポップメロディを奏でる天才集団。

歌詞

タ、タ、タンゴのダンス クレイジーな君のダンス
正装して踊りまくって 了承してハマりまくって
ア、ア、アッコのチョイス センスのない真っ赤なソース
比べるだけ無駄なことって わかってるってわかってるって
ラ、ラ、ラッコのポーズ 何か抱えてるそれポーズ
砕いて胃に投げ込んで 嘆いてまた塞ぎ込んで
や、や、やっぱストップ そんなんじゃあなたはウソップ
口角の動きはお洒落で 合格の知らせはおじゃんで

ラッタッタッタラ ドレスを脱げ

長いなっがい冗談の海 悪いわっるい夢の応酬です

ほな・いこか
「あー、どうしよっかなぁ、脱ごうかなぁ」
休日課長
「お?脱ぐ気になった?」
ちゃんMARI
「ハヤクヌゲ!」
ほな・いこか
「うるせえよ、お前らゲスとは違うんだよ!気持ち悪い目しやがって。」
休日課長
「ご、ごめん。」
ちゃんMARI
「ニホンゴワカリマセン。」
ほな・いこか
「ったく、最近のゆとり野郎どもは揃いも揃ってゲス野郎だな本当に。
私が脱いだら世界破滅すんのわかってんの?
まあ、だからドレスだけ脱ごうかなと思ってるよ。
この無駄に着飾った私が自分で嫌だから、せめてこれだけでもね。
てかこのドレスさ、私が自分で着たんじゃないの。
着せられたの。ずっとずっと昔に。産まれた時から着てたのかも。」

「でも今自分で脱ぐ時が来たのよ。」

関連するYouTube動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。