ねごと「黄昏のラプソディ」

ねごと「黄昏のラプソディ」

『黄昏のラプソディ』は、ねごとの8枚目のシングル。2014年9月24日発売。メンバーそれぞれの楽器でのアプローチが効果的な非常にクールなアンサンブルが印象的なナンバー。シンセとピアノの音色を巧みに扱い、ギターもユニゾンで魅せるなど、各楽器に趣向が盛り込まれており、ねごとのテリトリーの拡張を証明する1曲。PVは「アンモナイト!」と繋がっており、異なる場所にいるメンバーがそれぞれ鏡の中で各々の楽器を演奏する姿が映し出され、その4枚の鏡が一部屋にまとめられバンドの演奏シーンが繰り広げられるクールな仕上がりとなっている。

歌詞

まぶしい陽炎が
きみの姿を眩ました
誰かが手放した
白いパラソル風に舞う

いつからそこにいて
誰を待ち続けてたの
答えのないきみの
瞳の奥に落ちてく

I してる YOU してるなんて
囁くラプソディ
時は彼方に
潮騒のようなその声で今は
生きてゆけるよ

あてのない僕らには
ピンクソーダが揺れてる
全てを見透かして
踊り出す泡

どこにも流されず
ただ輝いていたいだけ
まだ熱いアスファルト
泪よりも煌めく

I してる YOU してるなんて
囁くラプソディ
燃える夕暮れ
重なることのない影は伸びてゆく
きみを残して
あっけなく永遠のソーダ
溶け出すラプソディ
明日の今も
同じように世界はここにあるだろうか
あの黄昏と

I してる YOU してるなんて
囁くラプソディ
遠く聞こえる
きっとずっと前からきみを探してたんだ
今は見つめて

I してる YOU してるなんて
最後のラプソディ
時は彼方に
潮騒のようなその声で僕は
生きてゆけるよ

公式PV動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。