じん ft. ナノウ「コノハの世界事情」

じん ft. ナノウ「コノハの世界事情」

『コノハの世界事情』は、2014年9月24日発売、Blu-ray/DVD[メカクシティアクターズ 7「コノハの世界事情」(完全生産限定版)]の特典CD収録曲。じん(自然の敵P)のメジャー1stアルバム「メカクシティデイズ」収録曲「コノハの世界事情」をフィーチャリングゲストにナノウを迎え新録(オリジナルは初音ミク・IAが歌唱)。

歌詞

意味と夢と命を集めて
作られてしまった身体は
終わった命を蒸し返す機械らしい

【これは彼の昔のお話】
人一人は涙を流して
また会いたいと呟いた

ハリボテの街の 終末実験は
昨日時点で予想通り グダグダ過ぎて
その時点でもう諦めた方が良いでしょう?
次の二人は 街の隙間で
そんな水色の 夢見てた

期待ハズレの車線の先で
小さな身体はまた飛び散った
泣き叫ぶ少女を 目醒めない僕は見ていた
秒針は進みだすのを止めて
世界もろとも眩みだそうとする
この夢は終わらない

意味と夢と事態を合わせて
ただただ考えてく頭
「この世界はどうやら少しヤバイらしい」

【これは彼と彼女のお話】
作られてしまった心では
もう言葉も届かない

枯れる太陽の音 蒸せる炎天下の目
夏バテした世間に はじき出された様な
蝉の声がもう鳴り響き始めても
ユラユラ揺れる 透ける身体じゃ
伸ばした手も届かなくて

期待ハズレの視界の先で
秒針はふざけて立ち止まって
踏み潰される未来を 反対車線で見ていた
機械仕掛けの世界を抜けて
木の葉の落ちる未来の風景へと
君の目で

嗤う日差しはどこかに消えて
8月は何度でも過ぎ去って
「また来年だね」と笑いあう そんな未来なら?
期待ハズレの世界の隙間
予報外れの雨が降ってきた
その時に その時に

例え未来が書き換わっていても
あの目は

関連するYouTube動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。