BLACK SWAN LAGRANGE POINT

LAGRANGE POINT「BLACK SWAN」

『BLACK SWAN』は、LAGRANGE POINTの2枚目のシングル。2014年10月15日発売。「狂おしいほどの衝動(いたみ)でモット、ヨワセテ、オクレ――」。太陽(あさ)から月(ばん)まで愛を囁くアイドル“LAGRANGE POINT”[牧島シャイ(CV:豊永利行)&緋室キラ(CV:大河元気)]の2ndシングルは、タイトル曲の「BLACK SWAN」の他、「Never Sorrow」「イチカバチカ」「Goodbye残響(Echoes)!!!!」とヴィジュアルロック、デジタルロックなど新曲を4曲収録。

歌詞(パート分け)

(シャイ) 「さあ、一緒に」
(キラ) 「踊ろうか」
(2人) 「BLACK SWAN」

(シャイ) 差し出された細い指先 あの日、
誓約-ちか- った心は、ひどく涸渇-かわ- いて
(キラ) 「あなただけが、欲しい」
乱れ合う欲望-ミラージュ- が、
ミモザの氷に光る Oh

(シャイ) どこを切っても
(キラ) (エゴに、塗れてた)
(シャイ) 生きる為に
(キラ) (息を、吸う様に)
(シャイ) すべて、騙してね
(キラ) 「それでもいいから」と
懇願する瞳の奥に、
浮かんだ切情-もの- を____………

(シャイ) 「…………愛してやる」

(2人) 触れる度に、凍てつく
そんな醒めた愛じゃ
(シャイ) ふたり、羽ばたけない
(2人) 狂おしいほどの
衝動-いたみ- じゃなければ、
(キラ) あの山脈-やま- は 越えられないよ

(2人) (Black Swan)
(シャイ) モット、酔ワセテ、オクレ
(キラ) (コ・ノ・奥・デ)
(2人) (Black Swan)
(シャイ) モット、感ジテ、オクレ
(キラ) (コ・ノ・先・デ)
(2人) (Black Swan)
モット、羽バタイテ、オクレ____!!!!

(キラ) 掻き消された淡い誘惑
誰も知らないジェラシー オレに見せてよ
(シャイ) 忘れかけた唇-あじ- を 吸い寄せて
残光-フラッシュ- が、刹那の翼を生んだ Oh

(キラ) 肌に残した
(シャイ) (赤い徴-しるし- が)
(キラ) 永遠なら
(シャイ) (とても、楽だろう)
(キラ) 消えてしまうから
(シャイ) 「遊戯-ゲーム- じゃないからね」
熱に浮かれ、揺らいだ声に
感じた官能-もの- が____………

(キラ) 「…………愛おしくて」

(2人) 癒えぬ傷に、燃えてた もっと黒-ヤバ- い愛で
(キラ) ふたり、羽ばたくのさ
(2人) 躊躇わず飛んで、ぜんぶ忘れりゃいい
(シャイ) この山脈-やま- を 越えていくから

(2人) (Black Swan)
(キラ) モット、酔ワセテ、オクレ
(シャイ) (コ・ノ・奥・デ)
(2人) (Black Swan)
(キラ) モット、感ジテ、オクレ
(シャイ) (コ・ノ・先・デ)
(2人) (Black Swan)
モット、羽バタイテ、オクレ____!!︎!!

(キラ) 「オレの全てが欲しいというのなら」
(シャイ) 「すべてを差し出す覚悟はあるのか?」
(キラ) 「生易しい愛じゃ、もう何も感じない……」
(シャイ) 「生と死の狭間にある、微かなゆらめき」
(キラ) 「思いっきり、貫いて」
(シャイ) 「目の裏で輝いた、光だけを頼りに」
(キラ) 「オマエを探し続ける」
(シャイ) 「オレだけのものになってほしいんだ………」
(キラ) 「もう、誰にも渡さない」
(シャイ) 「__もう、離さない……」
(キラ) 「二度と、羽ばたけないぐらいの、その翼を__………」
(シャイ) 「折りたい…………」
(キラ) 「それぐらい、愛しているというのに……」
(シャイ) 「狂ってしまうような、この気持ちは」
(キラ) 「永遠に続くのか___…………」
(シャイ) 「それとも、どこかで___…………」

(キラ) 「だから、それまでは……」
(シャイ) 「……そばにいろ」

(シャイ) 「限界まで」
(キラ) 「いってみたいんだ」
(2人) 「……____オマエと」

(シャイ) 触れる度に、凍てつく
(キラ) そんな醒めた愛じゃ ふたり、羽ばたけない
(2人) 狂おしいほどの衝動-いたみ- じゃなければ、
あの山脈-やま- は 越えられないよ

(2人) (Black Swan)モット、酔ワセテ、オクレ(コ・ノ・奥・デ)
(Black Swan)モット、感ジテ、オクレ(コ・ノ・先・デ)
(Black Swan)モット、羽バタイテ、オクレ____!!︎!!

関連するYouTube動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。