山崎あおい「ふたりで歩けば」

山崎あおい「ふたりで歩けば」

『ふたりで歩けば』は、山崎あおいのメジャー6枚目のシングル。2014年11月19日発売。テレビアニメ「団地ともお」(第66話- )エンディングテーマ。友情をテーマに描かれた歌詞が心に響き、どこか懐かしく、そしてあたたかくて前向きな気持ちにしてくれるナンバー。プロデューサーにaiko、いきものがかり、秦基博など、数々の有名アーティストのプロデュース、アレンジ等を手掛ける島田昌典を起用し、サウンド面においてもヒットポテンシャルの高い充実した作品内容となっている。

歌詞

たとえば君が泣きたくて
それくらいつらいことがあって
どうして君は泣かずに笑ってるの?

たとえば一言「ダメだ」って
僕にでも吐き出してしまえば
でも君は「そうじゃない」って 
言うんだろう?

優しい歌を聴いて 優しくなった僕の
この気持ちを聴いてほしいんだ

きっといつだって ふたりで歩けば
怖くなかったでしょ? 思い出して
これから僕らの 背が伸びていっても
手を離さないでいよう
ほら君は あきれて笑うでしょ?
その笑顔が好きだよ

大人になれと急かすように
何となく日々は流れてく
相変わらず僕は迷っている

適当な言葉に傷ついて
寄り掛かることをやめた君は
強くなったようなふりをする

ほら夕日の赤が 二人を染めてる
綺麗なことは 言えないままで

きっといつまでも ふたりで歩けば
怖いものなんて 無いんだろうけど
これから僕らは 同じ空を見て
違う大人になるよ
先のこと 見ないふりしても
やってくる だからさ

いつか知らない場所
知らない二人に出会っても
今の僕を 君を 忘れないで

きっといつだって ふたりで歩けば
怖くなかったでしょ? 思い出して
これから僕らが 離れていっても
今 繋いでいる手の
優しさを 忘れずにいるよ
笑うでしょ? だからさ
その笑顔が好きだよ

関連するPV動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。