米津玄師「Flowerwall」

米津玄師「Flowerwall」

『Flowerwall』は、米津玄師の3枚目のシングル。2015年1月14日発売。初のライブ経験を経て、新たなステージへと踏み出した実験的なサウンドメイクにより、エレクトロとオーガニック要素が融合した、なんとも豊かな幻想性を併せもつ、壮大なサウンドスケープ広がる「Flowerwall」が誕生。“フラワーウォール=花の壁”をモチーフに、リスナー各々によって文字通り解釈も“彩られる”、普遍的なテーマへ切り込むロックアンセム。

歌詞

あの日君に出会えたそのときから
透明の血が僕ら二人に通い
悲しみも優しさも 希望もまた絶望も
分け合えるようになった

知りたいことがいくつもあるというのに
僕らの時間はあまりに短く
あとどれほどだろうか
君と過ごす時間は 灯りが切れるのは

君のその声が 優しく響いた
こんな憂いも吹いて飛ばすように

フラワーウォール
目の前に色とりどりの花でできた
壁が今立ちふさがる
僕らを拒むのか何かから守るためなのか
解らずに立ち竦んでる
それを僕らは運命と呼びながら
いつまでも手をつないでいた

このあまりに広い世界で僕たちは
意味もなく同じ場所に立っていたのに
僕の欠けたところと 君の欠けたところを
何故かお互いに持っていた

どうして僕らは 巡り会えたのか
その為だけに 生まれてきた様な

フラワーウォール
独りでは片付けられないものだろうと
君がいてくれたらほら
限りない絶望も答えが出せない問いも全部
ひとつずつ色づいていく
離せないんだ もしも手を離せば
二度と掴めないような気がして

誰も知らない見たことのないものならば今
僕らで名前をつけよう
ここが地獄か天国か決めるのはそう
二人が選んだ道次第

フラワーウォール
目の前に色とりどりの花でできた
壁が今立ちふさがる
僕らを拒むのか何かから守るためなのか
解らずに立ち竦んでる

それでも嬉しいのさ
君と道に迷えることが
沢山を分け合えるのが
フラワーウォール
僕らは今二人で生きていくことを
やめられず笑いあうんだ
それを僕らは運命と呼びながら
いつまでも手をつないでいた

公式PV動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。