Rev. from DVL「君がいて僕がいた」

Rev. from DVL「君がいて僕がいた」

『君がいて僕がいた』は、Rev. from DVLの4枚目のシングル。2015年3月25日発売。昨年4月にメジャーデビューを果たして1年となるRev. from DVL。そんな彼女たちの新曲は、デビュー以降の1年を振り返りつつ、これから新生活を送る人々の背中を押してくれるような春にピッタリの応援ソングとなっている。

歌詞

慌しく過ぎて 1年が経ったね
去年は僕ら なにをしてたのかな
初めてだらけでさ 戸惑っていたよね
いま思えば たぶんそれも いい思い出

ねえ だけど 気がついたよ
そう いつも 大事なことは同じなんだ

君がいて 僕がいた
この場所にいるってキセキだね
君がいる 僕がいる
まだ続いていく
輝きは 広がって
世界中で笑顔に変わるよ
(想い…遥か遠く)
まだ続いていく
僕らはどこにでも行けるのさ

勘違いもしたよ ひとりで平気とか
堪えきれずに 涙こぼれるのに
知らないうちにほら 誰かが見守ってる
助けられて きっとみんな 生きてるんだ

ねえ なにが 出来るだろう
そう いつも 問いかけてるよ 心の中

君だから 僕だから
伝えたい気持ちがあるよね
君がいる 僕がいる
そして続いてく
“ありがとう” “ダイスキ”の
ピースが繋がって輪を描く
(想い…遥か遠く)
まだ続いていく
僕らはなんにでもなれるのさ

(ただ)怖がってばかりじゃ
(まだ)子供のままだね
(いま)痛みを覚えて 強く変わる
曖昧に笑い合って
そのままでいいかもって
そんな風に逃げたくないよ
これからは…

君がいて 僕がいた
ずっとずっと歌って届けたい
君がいる 僕がいる
まだ続いていく
輝きは 広がって
世界中で笑顔に変わるよ
(想い…遥か遠く)
まだ続いていく
僕らはどこにでも行けるのさ

公式PV動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。