こがれびと 朝霧あかね(福原香織)

ツキウタ。シリーズ 9月(女子)「朝霧あかね編」

こがれびと

歌手 朝霧あかね(福原香織)
制作者 作詞・作曲・編曲:じょん
カテゴリ ツキウタ。」キャラクターソング
収録CD 2015年4月24日発売、「ツキウタ。シリーズ 9月(女子)朝霧あかね・こがれびと」

歌詞

放課後の鐘 どこかで鳴る 休日も暮れて
遠い目をしたネオンの方に 傾いて 揺れて

さあ 重ねよう声を 煙空に包んで
小麦色の顔 崩して歌えるよ きっと

風は僕を置いて 坂を登って
緋色になって見えなくなった
帰りのバスをかがんで待った
街の匂い 枯れ草に混ざって

泣いてたってわからないって
君を諭して 夏の記憶が
何故か浮かんで会いたくなった
あの日みたいに素直な君と

小鳥よ舞う 虫の音にざわめいた木陰
等間隔の道明かりを足早に駆けて

さあ重ねよう夢を 空の国の使いが
こがれびと達の想いを叶えるよ きっと

月は弧を描いて坂を登って
緋色になって見えなくなった
いつものバスが橋を渡って
街の音を流れて消えてった

眠れないでメールし合った
他愛もなくて終わりもなくて
寝ぼけた顔で毎日会って
あの日みたいに戻れたらいいな

風は僕を置いて雲をちぎって
冷たくなって夜を運んだ
泣き虫バスが不意に止まって
街の中星が流れてった

遠下がって胸が詰まって
だけど放って振り向けないで
君と過ごした幼い僕に
ありがとうって呟けるように

関連するYouTube動画






関連する記事



こがれびと 朝霧あかね(福原香織)」への1件のフィードバック

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。