きみの選ぶみち 牧野由依

きみの選ぶみち 牧野由依

『きみの選ぶみち』は、牧野由依の12枚目のシングル。2015年6月3日発売。タイトル曲は自身のコンサートで何度か披露されつつも長い間温めていた楽曲で、「アムリタ」「CESTREE」などデビュー初期の頃にタッグを組んだ“かの香織”が作詞・作曲を手がけている。神秘的で独創的なメロディに牧野由依の透明感ある歌声が絡み、強い希望と勇気があふ­れる前向きな楽曲に仕上がっている。

歌詞

花びら散りゆく 無意味なこの街に
ふたつとないもの きみの目にだけは映る

西陽の反射光(ハレーション) 忘れない友達よ
何があっても 振り向かないでまっすぐ

きみはきみの選ぶみち
その優しさで歩きだして
窓に渦巻く銀河は
きみのあしたを祈っている

いつでも世界の どこかに朝は来る
何かが始まると 目覚めたら思ってみて

愛は去ったあとに 晴れた日を連れてくる
いつか記憶は弱さを守る剣になる

きみはきみの選ぶみち
静かに強く歩きだして
大丈夫 あの光る空は
誰よりきみをわかっている

なみだ 泣きたいときには
泣いていいから ありのままで

人は いつか散っていく
すべてが一度かぎりの夢

きみはきみの選ぶみち
その尊さで歩きだして
オーロラ きっと夢は咲く
未来できみを 待っている

公式PV動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。