星と真珠と夢と 吉岡亜衣加

ことの葉の空へ(初回生産限定盤)(DVD付)

星と真珠と夢と

読み ほしとしんじゅとゆめと
歌手 吉岡亜衣加
制作者 作詞:上園彩結音 作曲:小野貴光 編曲:戸田章世
カテゴリ ゲーム「薄桜鬼 随想録 面影げ花」エンディングテーマ
収録CD 2015年9月2日発売、6thアルバム「ことの葉の空へ」

歌詞

仰ぐ空模様 切り子細工のよう
めぐる記憶 光纒(まと)いさざめく

永く遠い岸目指し 辿り着けば
爽やぐ潮騒の音が 二人包む

見つめあうだけで伝わる思念(おもい)は
切れない運命の糸 編み上げた

幾億、夢を灯す瞬きの中 出逢い
隣り合えた星は あなたと私
生まれる前からの絆と想うほど
心重ね合った 今日の瞬間(とき)を忘れない

波が寄せるたび 砂は濃く染まり
涙たちは夢を深く刻んだ

どんな嵐でも あなた傍にいれば
凪いでく心のままに 越えてゆける

怯えてた雲影拭うその手は
この世で唯一(ひと)つの温もりだから

果てなく時を翔ける 激しく優しい波に
過ぎた日々は磨かれて 真珠になった
遙かな地平まで きらめく愛つなぎ
あなたとせせらぎに抱かれてたい いつまでも

信じたい…
海より深くて空より広い愛があることを
一人より二人で描ける
明日の輪郭は優しく強く輝けると

幾億、夢を灯す瞬きの中 出逢い
隣り合えた星は あなたと私

果てなく寄せて返す 激しく優しい波に
想いたちは磨かれて 真珠になる
ささやかでいい 今の永遠をつないで
あなたとせせらぎに抱かれてたい この先も

終わらぬ波よ、どうか…

関連するYouTube動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。