Prime Position feat.火神大我・氷室辰也 紫原敦(鈴村健一)

TVアニメ『黒子のバスケ』SOLO MINI ALBUM Vol.6 紫原敦 - Sound Fell Heavy -

Prime Position

読み ぷらいむぽじしょん
歌手 紫原敦(鈴村健一) feat.火神大我(小野友樹)・氷室辰也(谷山紀章)
制作者 作詞:こだまさおり 作曲・編曲:h-wonder
カテゴリ アニメ「黒子のバスケ」キャラクターソング
収録CD 2015年10月9日発売、「TVアニメ 黒子のバスケ SOLO MINI ALBUM Vol.6 紫原敦 -Sound Fell Heavy-」

歌詞

Wo-o-o-oh ×2 Wo-oh 過ごした時間が
Wo-o-o-oh ×2 Wo-oh キズナになるから

兄キがいたらこんなカンジかな それくらい居心地がトクベツで
今更そんな照れくさいけど あの頃のまま、そう思う

てか室ちんさ〜あんな言われて 違和感ゼロとかどーなってんの
そもそもアイツ美化し過ぎじゃね~?
そんなスバラシイオニイサンだっけ

2人ともホントSpecialで 眩しいくらいの才能
悔しさごと受け止めて 張りあっていたいんだ

いつも通り自分らしく けどナンカ、それぞれの距離感で
アツくなって本音知って また一歩深まっていく関係

まあ室ちんはお菓子くれるし ウザくなんなきゃ文句ないけど~
タツヤのスゴさわかってねーな だいたいオマエ困らせんなよ

2人ともホントMiracleに 出会えたことがうれしいよ
同じボール追いかけて わかりあってきたね
「おうっ!」「はぁー?」

いつも通り自然なのに きっと、どっかココロ開いてる分
ムキになって弱音吐いて またグッと増していく存在感

Wo-o-o-oh ×2 Wo-oh 過ごした時間が
Wo-o-o-oh ×2 Wo-oh キズナになるから

今も いつも フツーでしょ
胸に 別にー 誇らしい
全力で やりあえる
オマエが いるから 「うわー…」

いつも通り自分らしく けどナンカ、それぞれの距離感で
アツくなって本音知って また一歩深まっていく関係

Wo-o-o-oh ×2 Wo-oh 過ごした時間が
Wo-o-o-oh ×2 Wo-oh キズナになるから

All right!! Brother!! That’s right!! Brother!!
「ホラ、アツシも入って」
「ヤダし」

関連するYouTube動画






関連する記事



Prime Position feat.火神大我・氷室辰也 紫原敦(鈴村健一)」への1件のフィードバック

  1. さっちゃん@進撃のバスケ

    タツヤの声なぜにエコーかかっているのか・・・?
    アツシの「うわー・・」切実wwww仲いいなお前らwwww

    返信

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。