Monochrome sky 霜月隼(木村良平)

ツキウタ。霜月隼「Monochrome sky」

Monochrome sky

読み ものくろーむすかい
歌手 霜月隼(木村良平)
制作者 作詞・作曲:月野尊
カテゴリ ツキウタ。」キャラクターソング
収録CD 2015年11月27日発売、「ツキウタ。シリーズ 霜月隼・Monochrome sky」

歌詞

月儚く 白き光湛え
闇を照らして静かに見つめてる
冷たい風 君の頬をかすめ
優しい季節がいつしか過ぎてゆく

なぜ情熱 燃え尽きて 嗚呼 消えてゆく
止められずに溢れ出す 罪も僕に溶けて

気まぐれに微笑んで 焦がれる想い散らす
君にさえも嘘をついた
此の躰 絡みつく凍てつく白い炎
空はモノクロのままで

孤独な夜 何を想い泣くの?
細い指に宿る熱 感じてる
悲しい嘘 僕は気づいてるよ
偽りのぬくもりでも今だけは

ねえ ため息つかないで僕に預けて
抱きしめたら壊れそうな 肩が震えてるね

気まぐれと思えばいい 尽きせぬ想い隠し
ひと夜の夢 花開け
其の躰 絡みつけ 煌めく白い炎
空はモノクロのままで

ダイヤの様に輝いて 嗚呼、砕けない
抱きしめても遠すぎる ふたり空に堕ちて

気まぐれに微笑んで 焦がれる想い散らす
僕にさえも嘘をついた
其の躰 絡みつく凍てつく白い炎
空はモノクロのままで

関連するYouTube動画






関連する記事



Monochrome sky 霜月隼(木村良平)」への2件のフィードバック

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。