睦の月 睦月始(鳥海浩輔)

ツキウタ。シリーズ 睦月始「嗚呼。髪を撫でて、頬を撫でて、御前を愛してやる。」

睦の月

読み むつびのつき
歌手 睦月始(鳥海浩輔)
制作者 作詞・作曲:マチゲリータ
カテゴリ ツキウタ。」キャラクターソング
収録CD 2015年11月27日発売、「ツキウタ。シリーズ 睦月始・嗚呼。髪を撫でて、頬を撫でて、御前を愛してやる。」

歌詞

冬ざれに冴え凍る雪の花を、
唇に寄せて添ひ居る時。
やをら傍ら臥し聴けば安らかな息。
風花が忍び泣く―。

抱き締めた腕さえ、擦抜けてしまうのか。
言の葉までも届かぬ、睦の月―。

独り枕に、冷ややかな白い頬が
震えて沈めば、心淋しき。

往昔を初夢に見て落涙する背中に、
果て無き残心を―。

抱き締めた腕さえ、擦抜けてしまうのか。
言の葉までも届かぬ、睦の月―。

幽玄に消えた俺の名前を呼び続ける御前は
「忘れられぬ、忘れられぬ。」と
泣きじゃくった。

其の震える肩の傍で何も出来ずに居る俺が、
御前に出来る唯一の事は―。

抱き締めた腕さえ擦抜けてしまっても、
御前を愛し続けるという事。

―此の魂が消えようと、御前を愛している。

関連するYouTube動画







コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。