ワンミーツハー ヒトリエ

ワンミーツハー(期間生産限定盤B)

ワンミーツハー

歌手 ヒトリエ
制作者 作詞・作曲:wowaka 編曲:ヒトリエ
カテゴリ アニメ「ディバインゲート」オープニングテーマ
収録CD 2016年1月27日発売、シングル「ワンミーツハー」

歌詞

「ねえ!
その心を貸してよ、
扉を開けてしまうから。」

忘れてた理想に沿って
ニヤリ笑う
ソレを見たいんだよ

最近やたらと視界がぼやけるし、
お決まりの暮らしを繰り返す
柄にもない台詞を覚えたけど
声にゃならないな

『最近どうだい?』

尋ねられてさ
不思議な気分になるけど
もうだいぶ強がってみたから
それもありだろう

私の裏側の私が
くしゃくしゃの顔で言うんだ

『染まらない私をもっと昂ぶらせてみてほしいの』

「ねえ!
その心を貸してよ、
扉を開けてしまうから。」

忘れてた理想ってやつも、
つまりそれは私そのもの。

『ねえ!
その瞳を貸してよ、
あなたを見てあげるから。』

ひとりきりのつもりだって、
揺れる
揺れる
私の心の臓。

正解なんてない問題の羅列
世界はくるり回る
こちらにとっちゃ正しい言葉が
あちらじゃ間違ってら

境界なんてない、裏と表の
どちらでもあれる私の
臨界点の今日をまた描いて
夢に、化けて出るんだ

「私の裏側の私も知りやしない私探すの」

イメージも虚ろなその像!
まどろみだす風景!

『あなたの声を貸してよ、
心で歌ったげるわ。』

余計なお世話と
笑い飛ばすことができない私がいること
ねえ、その心を貸しても
決して変わることないでしょう?

ひとりきりにはなれないって
叫ぶ
叫ぶ
私の心の臓。

境界なんて無いくらい
そこにいない私に意味は無い

臨界なんて無い世界
そこにいたい私に意味は無い

ああ、
そうやって捻り込むんだね?
でもそれにゃおそらく意味は無い。

そうやって笑い飛ばすのかい?
でもそれにもおそらく意味は無い。

私の裏側の私

当たり前のような面をしてそこにいたんだよ

「ねえ!
その心を貸してよ!
扉を開けてしまうから。
忘れてた理想に沿ってニヤリ笑う私を見たいから。」

『ねえ!
その眼を動かしてよ!
扉を開けてしまえばさ、見たこともないアレをさ、
誰か、が笑うよ。』

「『絵に描いたみたいな夢も
その先で涙流す私も
歌にしたいの!』」

関連するPV動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。