しょうらいのゆめ 宇佐美奈々子(伊藤美来)

「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」ミュージック・アルバム〜夏の思い出作ってみた。〜 【DVD付き限定盤】

しょうらいのゆめ

歌手 宇佐美奈々子(伊藤美来)
制作者 作詞:三浦誠司 作曲:池田健仁 編曲:滝澤俊輔
カテゴリ アニメ「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」キャラクターソング
収録CD 2016年7月13日発売、「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 ミュージック・アルバム~夏の思い出作ってみた。~」

歌詞

小さな頃に見た夢は
ずいぶん理由もなく大きくて

ふとしたすきに思い出す
そのたび どこかくすぐったくなる

大人への道を歩くごとに
だんだんと薄らいでいったけれど

毎日出会う顔 出会う景色
大事なそのすべてを

ちょっとだけでもいい
元気づけてあげたい そう思ったら

なんでだろう 急によみがえりだすの
あの日の気持ちが
あの日のわたしが

ピカピカしてた【しょうらいのゆめ】より
今のわたしは普通で

できないことがありすぎて
くちびる噛んでばかりいるんだ

屋上から見おろしてた街が
ため息を優しげに包みこんで

ありのままそのまま それでいいよと
教えてくれてるようで

どれだけやれるのかわからないけど
途中で投げたくない

そっと背のびひとつ「またがんばろう」って
言葉にしてみた
口元ゆるんだ

想像とは少し違ってたけど
夢見たステージにわたしはいる

ひとりひとりに声が心が
伝わるこの場所から

毎日出会う顔 出会う景色
大事なそのすべてを

ちょっとだけでもいい
元気づけてあげたい そう思ったら

客席から両手大きく振ってたの
あの日のわたしが
あの日のわたしが

関連するYouTube動画






関連する記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。